deckhaiken

すっかりアダルト

d_00000469_1_1432199761

d_00000469_2_1432199761

ライダー:西川誠
デッキ:CREATURE 8.5インチ
トラック:INDEPENDENT 159
ウィール:OJ Slappy Hour
ベアリング:

こちらが西川誠のセッティングであります。気が付きますね。これはレンズの深遠差でトラックが幅広に見えている訳ではありません。ただただトラックがでかい。最近はワイドデッキの流れがあってINDEPENDENTも139くらいがポピュラーな感じになってます。以前の7.75インチ×129というセッティングもかなり黄金比ではありますが、8.0インチ×139というのが最近の流れなのかも。誠のトラックは159ですよ。デッキがCREATUREの8.5インチな ので個人的にはちょっとオーバーサイズかと思ったのですが、「最近149くらい使っている人多いんで159にしてみました」ってことで159。さすがだ。 それでいい。トラックのサイズなんてぶっちゃけ自分が良ければそれでいい。ショップに立っているとパーツ選びで悩んでいる方にアドバイスをさせていただく 事も多いのですが、最終的にはご自分で決めてもらいます。ただ「このサイズのデッキにはこのサイズのトラックを着ける人が多くて、このサイズは少数派で す」とか、事実としてのデータはご提供させてもらいますので、なにを選んだとしても外れもないし、理由もあるので不安もない。
スケートボードのセッティングってなんていうか自分の髪型みたいなもんで、角刈りも居ればリーゼントやアフロが居てもいいのです。ただ髪の毛が少ない人は 選べる髪型もあるだろうし、ただただ人と違うようにしたい人や、できる限り目立たないようにしたい人もいるのです。なのでインスタントではその人がどうし たいのか、という答えをいろんなお話をしながら検討させていただきます。なのでショップに来れる人はショップで組んだほうが絶対いい。色々調べて通販で パーツ集めて組んだりするのもいいですが、自分で調べた範囲以上の情報は得ることができません。プロショップにはおもちゃ屋さんや量販店にはない世界の最 新NEWSや最新アイテム、そしてローカル情報や蓄積されたデータ(ここが大事)が揃っているのです。電車2回乗り換えるくらいなら通販の送料より電車代 の方が高くなっても、僕はプロショップや専門店に行くのがいいと思います。「プロショップや専門店」って言うところが大事なのですよ。