deckhaiken

SSPのEAT MONSTER

d_00000454_1_1423026888

d_00000454_2_1423026888

ライダー:ナカジ
デッキ:オリジナルシェイプ
トラック:ACE11
ウィール:POWELL RATBONES 62mm
ベアリング:BONES SWISS

クルーズツアーのメンバーはやっぱり気合が入っている。食い倒れツアーは毎回船頭さんがいるのです。どこからスタートしてどこに寄ってあれしてこれして、ってざっくりとコースを決める船頭さん。前回からはSSPローカルのナカジが船頭さんを務めております。そのナカジのセッティングがこちら。このデッキはどのブランドかわかります?わからないはず。だってナカジがシェイプしてデッキなのですから。しかもグラフィックもナカジ製。やるなー。ナカジはなにげにDJとかしちゃうしさ。もしかしたらこの体型の着ぐるみを着てるだけで中身はほっそりしたオシャレな人が入っているのかも、って思わせるセッティングであります。そんな訳ないけど。デッキは目測8.0インチくらいかな。クルーズデッキって太い部分のサイズで測るので目測ちょっと難しい。セッティング的にはかなりビタッときてますよ。デッキスペックに合わせてか偶然か、ACEの11にPOWELLのRAT BONESっていうのがとても素敵です。ウィールがデッカイから1/8スペースパットを入れて快速仕様になっております。クルーズのセッティングってセメントセットに比べてかなり自由度が高いので、デッキにしろ、トラックやウィールにしろ、より個性を出して組み込むことができるのです。でもやっぱり乗ってみてダメなもあるよね。見た目はいいけど。優先して欲しいのは自分に合った乗り心地。そこからサイズバランスとか考えていくと自分の好みとかがハッキリとわかってきます。色々試してみるのがいい。コンプリートを買って最初のトラックがVENTUREだとみんななんでかずっとVENTUREを使いたがる。僕はそれより色んなメーカーを試してみるのがいいと思うよ。色んなチャンスがあると思うのよね。