deckhaiken

bluthスケートボード

d_00000429_1_1412153095

d_00000429_2_1412153095

ライダー:スギちゃん
デッキ:bluth クルーザー
トラック:INDEPENDENT 109 stg10
ウィール:BONES STF 56mm
ベアリング:BONES SWISS

こちらはbluth skateboardをプロデュースする杉ちゃんのクルーザー。かなりグッときました。杉ちゃんはHESSENMOBってドイツのデッキブランドの代理店をしてたときに知り合って、今はこのbluth skateboardをやってます。KINFOLKって中目黒の名店のマスターとして知っている人も、BAJAの深夜メンバーとしても、MONDAYオヤジ会の一員としても、ご存知の方は多いかと思います。やっぱり乗ってるデッキにもその辺にじみ出ちゃってる気がします。ギタリストでもありますので、このデッキのカラーリングはかなりグッときちゃいます。こんなサンバーストなカラーリングはギターだけじゃなくデッキにもいいすね。デッキのスペックにしても、ノーズはほぼフラット気味でちゃんとあり、テールはやや長めでかなりクイックなサイジング。これはサイズも動きもカラーも全部が超個性的でありますね。乗ってみてテールの軽さにビビッたもんね。このカラーはもう完売っぽいですが、最新モデルのチップとデールもかなり名作かと。トラックはINDEPENDENTの109。ウィールはBONES STFの56mm。ベアリングは分解清掃ができるBONES SWISSでしょう。カレーちゃんの5050ではトラックもサイズ調整できちゃうっぽいのでいろいろ作りこめますね。さすがだ。僕個人的にはデザインワークがとても好きでbluthのロゴやpushmasterのステッカーとかすっごくグッときちゃうのです。気になった方はいろいろDIGってみてください。クルーザーっていうのは普通のセッティングに比べてより自由度が高く、より個性的に、より楽しく乗ることもできるのです。デッキも7.0でも10.0インチでもいいし。合わせるパーツも今はいろいろ出ているので無限の組み合わせがあると言っても過言ではないでしょう。なのでなおさら自分でとことん考えて、またはそのタイミングのご縁を大事に組み上げて、自分だけの組み合わせを作っていくのがいいですね。考え抜いて組み上げたクルーザーができたらぜひ僕にも見せてください。