deckhaiken

オフローダー

d_00000407_1_1391066266

d_00000407_2_1391066266

ライダー:instantsスタッフ専用機
デッキ:FLIP LANCE BATO 9.0インチ
トラック:INDEPENDET 129std
ウィール:OFFROAD
ベアリング:NINJA abec3

お祭りのインスタントブースに前にはちょっと変わったスケートボードを転がしておきました。たとえばこちら。これは僕の乗りたかったデッキにオフロードウィールを組み込んだセッティングになります。ビジュアル的にちょっと良くないっすか?勝手なイメージではランボルギーニ チータなんですがね。いや、アタックバギーかな。このウィールは大きさは正確にはわかりませんがかなりデッカイす。また中空ではないのでごっつい重い。でもなんか気になるでしょ?そして普通の道路でプッシュするのはちょっとタルい。これは公園の丘とかを芝生ダウンヒルするのにいいセッティング。川原の土手はかなりセメントマッチでした。土手は下手すると死ねます。こういうヘンテコリンも嫌いじゃない。別のセッティングは普通のinstantコンプリートの7.63インチにハンドルをつけたものをもって行きました。これがまた好評でローカル大鳳はハンドルグリップしたままオーリーできてましたから。あれ乗りこなせたらだいぶヤバイことできると思うよ。ハンドルデッキ。ま、それはいいとして、オフロードウィールを装着する際にご参考にしていただきたい点は、まずはこのウィールのサイズに合うスペースパッドが絶対に必要。これはウィールとセットになってますのでご安心を。またトラックのサイズですが、幅が狭いとちょっとバランスおかしい感じしちゃいます。大きさに対する感覚が短すぎる感じね。今回はINDYの149です。デッキのサイズにもよりますが、これくらいのバランス感だとそんなに違和感を感じない気がします。あ、ショップでは「ウィールは大きくなるほどスピードに乗りやすい」ってご説明してますが、このウィールは当てはまりません。プッシュとか超大変でゴツゴツしててスピードもそんなに出ない。でも芝生のダウンヒルは超やべー。