deckhaiken

池田幸太

d_00000389_1_1370944900

d_00000389_2_1370944900

ライダー:池田幸太
デッキ:Cliche 8.0インチ
トラック:ROYAL4
ウィール:CLOCK WHEEL
ベアリング:MODUS

幸太のセッティングがこちら。デッキはもちろんclicheであります。サイズは8.0インチ。最近はこのサイズだって。デッキテープを貼るのを黙って見ておりましたがもうやっぱりかなりの数を貼っているテダレ感出ておりましたね。さすがだ。今回はGrizzlyにしてましたね。なんだか最近やたらGrizzlyがチョイスされております。幸太は使ったことないから使ってみよー、って感じでしたが、通販やご来店の皆さんでデッキテープを選ぶ人はGrizzly率が高い。人気なのね。ま、それはいいとして、幸太に「アマライダーって大変でしょ?」って聞いたら「俺なんてまだ全然フローっすよ」って言ってました。アマチュアもフローも現地にはいっぱい居て、その中でもツアーに参加するように声かけてもらえるのは少ないらしく、「まだ声かけてもらえてるからありがたいっすねー」って言ってました。そうなのか?幸太なんか本当に異次元クラスだと思ってたのにやっぱり世界は広いのね。勉強になりました。幸太は結構見る度に違うトラックを付けている印象があります。ある時はINDY、あるときにはTHUNDER、そして今回はROYALトラックを使用中でありました。デッキサイズが8.0に5.0のROYALが付いてたんで「もうひとつ上のサイズでもいいかもね」って言ったら、トラックをもらった時にどちらのサイズももらって、5.25を使ってたんだけどゴリゴリになって壊れちゃったからこっちのサイズを付けてるの、とのこと。「サイズ細いとウィールバイトしないっすね。回しも軽くなった感じしますよ」って言ってました。ブッシュはBONESのMEDでありました。さすがだ。僕がなにをさすがと思ったのかと言いますと、自分にも人にも常識にも縛られていない事。「8.0なら5.25」とかステレオタイプに決めつけない。そのタイミングで出来る事を試してみるのがいいよね。僕はちょっと堅物っぽいところありますので、本気で幸太のスタイルから学びます。ウィールはCLOCKウィール、ベアリングはMODUSです。「ベアリングはセラミック?」って聞いたらずっとTITANを使っているそうです。その理由も絶対あると思ったんだけどショップに電話かかって来ちゃって聞きそびれた。