deckhaiken

渡辺コタツ慎介

d_00000372_1_1357629384

d_00000372_2_1357629384

ライダー:渡辺コタツ慎介
デッキ:N.T.Original TEAM 8.0
トラック:CUSTOM 139
ウィール:AUTOBAHN 52mm
ベアリング:FIZZ

こちら組みあがったコタツのNEWコンプ。デッキはn.t.originalのチームデッキ8.0インチ。「見た感じスペックよりもちょっと細身に感じますね」って言ってました。測ってみたら確かに8インチだけど見ると7.875位に見えるのよ。シェイプでかなり印象変わってくるね。コタツは僕のイメージだと細デッキ好きな感じあるけど、最近はやっぱり8インチ位のデッキが調子いいみたいね。昔コタツが出したシグニチャーデッキは7.45インチだったからね。今思うと細いよね。当時は7.5インチのデッキに80%位のスケーターが乗っていた時代なので7.38~7.625インチ位がボリュームゾーンだったのね。今はすっかり様子が変わってボリュームゾーンは7.75~8.0インチくらいかな。このサイズにはトラックのサイズの谷がありますので、セッティングも色々な組み合わせが選べるようになってます。NTOのNEWデッキはかなりいいクォリティー出てますよ。ぜひお試しあれ。コタツはね、いろんな映像見てもらえればわかりますがかなりのハードヒッターなんですよ。ドカーンって跳んでガガーッと削ってく。本気のオーリーとか見るとマジでビビる時ありますから。最近は膝の手術からリハビリも進んで来てかなり動けるようになってきましたね。また山梨ツアー行きたいなあ。ガッツリ滑ってしっかり撮って帰りにホウトウ食べて帰りたい。カボチャ入ってるのがいい。関係ないか。コタツのトラックはCUSTOMです。豪や元やタテやユウトとチームメイトですから。かなり動き良いみたいよ。ずっと気に入って使ってます。ウィールはAUTOBAHNの52mm。このモデルはコアが硬いんだけど表面の硬度が97Aなんですよ。ちょっと最近では珍しいタイプ。なので乗ってみるとちょっとしっとりしててグリップいい印象がありますね。このモデルのファンって結構多くてカチカチウィールが苦手でSPITFIREのBIGHEADとかCLASSICばっかり乗ってる人は一度試してみた方がいい。ベアリングはずっとFIZZです。浮気なし。コタツとデートしたいわ。