deckhaiken

OZAちゃん

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ライダー:OZAちゃん
デッキ:CLICHE GONZ CRUISER 7.75インチ
トラック:INDEPENDENT 129 FORGED
ウィール:SATORI BRENT 54mm
ベアリング:

OZAちゃんのセッティング。覚えてますか?第一回クルーズツアーで最初に立ち寄った蕎麦の名店「おおむら」の若旦那であります。前回はみんなと一緒に行きたかったのに受け入れ側でありましたが、今回は第二回ツアーの船頭さんとして立ち上がっていただきました。パチパチパチパチ。この面子の船頭さんってかなり重責に感じるかも知れませんが、基本みんな楽しきゃよし、な面子なんで大丈夫。でもOZAちゃん色々考えてましたね。みんな勝手なこと言うから。「ボーリングしよう」とか「駄菓子屋寄ろう」とか「坂道少な目」とか、言う方は簡単ですが組み立てる方は大変よね。ま、それはいいとして、OZAちゃんも僕もこの日のためにデッキを新調しております。OZAちゃんはこちらのcliche。先日のJAPANツアーも大好評のフランスのブランドであります。こちらのクルーズデッキは7.75インチ。ちょうどいいサイズよね。特徴としてはコンケーブがきつめでノーズが長い。なのでテール蹴りたい人はガンガン蹴れるし、スタンスの自由度も高いよね。ナイスセン。グラフィックは巨匠GONZ先輩ですから。って言ってもRAD龍と同級生だけど。クルーズデッキのセッティングってかなり乗り手の個性が反映されますよね。セメントコンプよりもより色濃く出る気がします。個性というより好みって感じかな。デッキのシェイプやサイズやグラフィックもセメントセッティングよりも幅広く個性的でも乗れるしさ、ウィールやトラックやベアリングに関しても乗り手の好みが十分に反映できるパーツが今はかなり揃ってきました。乗り心地は「クルーザー」ですからスムースに楽にプッシュできます。多少ラフな路面でも、深夜や早朝の静まり返った住宅街でも、このクルーズデッキはママチャリ以上の機動力を見せる訳です。トリックも関係なく、ただ純粋に移動の手段として乗り始めることもできるので、特にスケートボードに乗りたいおじさん・おばさんに超おススメですよ。僕らにご相談頂ければあなた好みの世界に一本のクルーズセット組み上げます。おっと、宣伝になってしまった。で、OZAちゃんのトラックはINDY129FOGEDだね。これ鉄板。やっぱりクルーズセッティングには「動き」がいいトラックを組み込みたいですね。人気のところでINDY、ACE、THUNDERなんかハズレなし。サイズによって乗り心地もだいぶ変わってくるので、デッキのサイズやウィールのサイズに合わせたりして、マイセッティングを模索してもらいたい。面倒な人は僕でも慶太でも誠心誠意ご相談に乗りますのでぜひインスタントに相談してね。おっと。