deckhaiken

早瀬翔太

d_00000338_1_1340091720

d_00000338_2_1340091720

ライダー:早瀬翔太
デッキ:SK8MAFIA
トラック:INDEPENDENT STD 139 LO
ウィール:instant 52mm
ベアリング:

デッキを換えたショウタのデッキの交換前。ショウタはね滑ってるの見てると「乗れてる感」がすごいね。ガンガンプッシュしてどっかり突っ込んでスパッとメイクする感じね。あと昨日初めてランプの生ライディング見たけどハンパないね。乗れてる度高い。instantsのウェルカム映像見てもらえるとわかるかと思いますが、とにかく前に前にのスタイルであります。あまりにスピード早くてランプからすっ飛んでヒザ殴打してますが、それでも乗れてる度すごいわかる。デッキはこちらのSK8MAFIA。もう最近はずっとSK8MAFIA乗ってます。今回のPARMOREは8.25インチです。やはり最先端のテダレ達はこのサイズ乗ってるの多いよね。僕の近いライダーでも、高橋ケント、吉武アキラ、そしてこの早瀬ショウタが8.25。ちょっと前では考えられないことであります。そう考えるとやはりスケートシーンは日進月歩で思ったよりも早いスピードで常に変化し続けているということです。僕なんかもうすっかりおじさんなのでそういう変化にすぐに乗れはしませんが、ショップに立つ身としては常に新しい流れに敏感でいたいと思っております。僕の周りのみんなが先生。トラックはINDEPENDENTの139LO。LOってとこがやはり今っぽいっす。そしてウィールはinstant52mm。リップスライドにドライブマスターのショウタですから、後輪のバックサイド側のすり減り方がハンパない。そして気が付けばこのINDYもstage9でありました。やけに男くさいセッティング。最近の世界のテダレ達に共通するセッティングのトレンド「広め低め」は自然に広がっている感じがしますね。やっぱりDVDとか映像に出てくる好きなライダーのセッティングをチェックしているからでしょうか。ケントなんかはハワイの仲間たちと滑ったりして自然になったセッティングみたいだし。でもやっぱりやっぱりスケートボードはとどまることなく常に前進しております。