deckhaiken

林秀晃

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ライダー:林秀晃
デッキ:VISION GATOR
トラック:ACE22
ウィール:不明
ベアリング:BONES SUPERREDS

今回は下町食い倒れクルーズおじさん食べ過ぎて飲みすぎたツアーに参加して頂きました皆々様のデッキを拝見するところから始めましょう。まずはこちら。そう、下町プリンスa.k.a.サラリ王子ことペイさん。それでもわからんか。JOYNTをヒロキと支える日本のスケートシーンを背負うプロライダー林秀晃パイセンであります。前にもちょっと書いたけど見てよこれ。バカだねー。ペイさんマジでやり込みがハンパない。こちらはVISONの往年の名作GATORでありますよ。これ乗ったなあ。グレゴリーも乗ったけどゲーターも乗った。そして船橋でやったコンテストで来日したゲーターのランプがハンパなかったなあ。リップスライドのスピードと流しっぷりがもう惚れちゃう感じ。リップスライドだけなら長島亘に方を並べられるかも。ま、亘の方がかっこいいけどね。そんなのどうでもいい。おじさん達に良く見て欲しいのはさ、このデッキはこんなシェイプじゃなかったでしょ?そうなのよ。ペイさんはクルーズ用にシェイプしてきた。ちょっとひっくり返りそうになったね。この人、とことん楽しんでる。僕らは当日楽しんじゃうぞー、なんて思ってたけど、ペイさんはずっと前から楽しんでた。さすがだ。年下でもパイセンであります。トラックはACE。これ前にセメントデッキで使ってたの見たことある。ちょっと嬉しかったわ。プロライダーってパーツなんてポイポイって換えちゃって、古いのはその辺転がしてると誰かが持って行っちゃう感じかと思っていたら、ペイさんは大事にしてる。物の使い方をわかってらっしゃる。素敵だな。そして「ショップに転がってたヤツ」って言っていたでかくて柔らかいウィール。これなんだ?まあ、いいか。サイズはザットみて62mmくらいかな。結構オフセット深くて大きめだからロングボードのウィールだね。でもトラックのサイズとリシェイプされたデッキにマッチしてるところがまたさすが。ベアリングはBONES SUPER REDSでありますよ。僕と同じ。JANダイちゃんのところでもやってくれるけど、これからリシェイプは波くるね。誰とも同じじゃないクルーズデッキ。しかも乗り終わったデッキなら原版削るのとちょっと違うお得感もあるしさ。でも誰でもできることじゃないよ。くやしかったらやってみる。別に悔しくはないか。ジグソーとサンダーをホームセンターに買いに行こう。あとデッキを換えたときに余ったデッキテープを取っておくこと。これ以外と役立つよ。なんてね。