deckhaiken

Mr.7STARS

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ライダー:堀内さん
デッキ:サンプルクルーズモウルド 7.75インチ
トラック:ROYAL OG 5.0
ウィール:GIRL CRUISE 50mm
ベアリング:BONES SUPERREDS

堀内さんが乗ってきたクルーズがこちら。これかなりグッと来たよ。デッキはブランクのクルーズデッキ。このシェイプ最高。僕も同じの乗ってます。そして僕が今回1番グッと来たのがスペースパッド。いやいや、これカッチョいい。聞いたらロングに付いてたスペースパットを単に高さの調整したいときに目の前にあったので使っただけだそうで、その割にはかなり確信犯的なビジュアルとワイヤーロックも装着できそうな利便性を兼ね備えております。さすがだ。メタルなのがさらに素敵。プラだとロックしても割れちゃうからさ。クルーズのセッティングってセメントセッティングよりもかなり個性が出てくるから本当にその人のテイストが分かるよね。ずっとスケートボードに触れてきてる人のセッティングはパーツのチョイスやバランスやカラーとか、なんかグッとくる理由があります。合わせたトラックはROYAL。これかなり使い込んでるね。しかもよく見て、ブッシュが上下違うよね。前後どちらもBONES BUSHなんだけど、上がSOFTで下がMID。踏み心地色々試してますねー。なんだか分かります。踏み込みは軽いけどあんまり沈みすぎない感じなんだろうな。勝手な想像。僕もずっと上下のブッシュ違う硬さで使っていたからなんだかニヤリな感じです。そしてウィールがGIRLのSOFTウィール。RIPZINGER曰く「これGIRLセットじゃん」って感じでROYALとGIRLのウィールが計らずもマッチしてしまうのがスケートボウ道。さすがであります。なんでこのウィールなのかといいますと、大きさが50mmのSOFTウィールだからです。実は堀内さんは多くの仲間達がそうであるように、ヒザの横曲げを過去になんどかメイクしており、現在手術アフターのリハビリ中であります。だから60mmとかでヒザをガシガシ曲げてビュンビュンと走り回るのでなく、あんまりスピードも出ないけど走破性が高く、乗り心地柔らかく、そしてライディングを楽しめる、ってことをメインに考えたセッティングなんですね。いやいや、マジでスケートボードってすごいね。乗り手の相棒となって人生を豊かにしてくれる。こうやって色んな理由でスケートボードのセッティングって組まれていくんです。皆さんの一本もなんでもご相談下さいね。