deckhaiken

赤熊寛敬

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ライダー:赤熊寛敬
デッキ:TOYMACHINE 7.75インチ
トラック:FURY EVO 775
ウィール:DOSTECH D-CORE 52mm
ベアリング:DOSTECH

そしてこちらは若先生のセッティング。この日にデッキを新調してました。かなりざっくりグリップテープを貼ってましたが少々空気が入っても気にしない。クマのデッキは最近ちょっと太くなってきた気がします。7.75。数年前までは日本のスケートシーンには「7.5インチ信仰」があって、実にほとんどの人が7.5インチのデッキを乗っておりました。前後の7.45と7.625あたりでくくると80%くらいはこのサイズ帯に収まる感じでした。このサイズだとデッキに合わせるトラックのサイズがVENTUREでいう5.0、THUNDERでいう145、INDEPENDENTでいう129、というサイズがマッチします。デッキのサイズが7.75インチくらいまではこのトラックサイズで行けますが、これ以上のサイズになるとトラックのサイズをひとつ大きめにした方がバランスよく感じます。またクマはデッキの工場にもこだわります。テールの弾きの違いとかクマの意見は本当に説得力あって参考になりますから。トラックはFURY。もう日本でFURYって言えば赤熊寛敬ですから。クマのトラックが気になってFURY乗ってみてハマる人いっぱい居ます。動きの良さは特筆ものだということですよ。ウィールは自身がプロデュースするDOSTECH。テストも兼ねて色々なサイズに乗ってますが最近は52mmの使用率高し。DOSTECHのD-COREは「NON FLATSPOT」を謳っておりましてパンクしにくいウレタンで作られてます。これは乗ってみるとわかるのよ。お試しあれ。これにDOSTECHのベアリングをはめ込んでクマセッティングの完成です。そうそう。クマはFURYトラックのブッシュをBONES BUSHに変えてます。ちなみにMEDIUMね。