撮影機材

●VX2000

こんにちはるいです

先日ビデオカメラのことについて聞かれる事があったのでブログにして見ました。

今回は僕も撮影機材として使っているsonyのVXシリーズについてお話しようかと思います。

僕はVX2000を使っています。(上VX2000下VX1000)

他にもVX1や2100などの機種もありますが今回は省きます。

みなさんご存知のようにスケートボードのビデオにはVXシリーズ(主にVX1000)がよく使われています。日本だとFESNやTIGHTBOOTHなどが使っていますね。あまりピンと来ない人はYouTubeやDVDでスケートビデオを見る時左右に黒い枠がある映像ありますよね?画面いっぱいにに映像が入りきってないやつです

↑minidvテープ

そのような映像はVXなどの記録メディア、minidvテープで撮影した映像になります。 ようはアナログ放送時代の規格です。しっくり来ない人もいると思いますがブラウン管テレビと液晶テレビは画面のサイズが違うんです。細かく説明するとminidvで撮影した映像が4:3という画角でHDカメラで撮影した映像や今のテレビ放送が16:9という画角になります。4:3が16:9に比べると正方形に近く16:9は4:3の上下が削れるので長方形になります。 細かい説明はこの辺にしといてなぜ発売から20年近く経っているこのカメラをスケートフィルマーが愛用しているのか僕個人の意見ですが説明したいと思います。

広角率が他のHDカメラと比べてかなり強くなるからだと思います。広角率が強いというのは魚眼レンズをカメラにつけると外側になるにつれて被写体が湾曲しますよね。その湾曲がきつくなっているのが広角率が強いってことになります。なぜ強いのがいいかというと好みにもよりますが撮るときに広角率が強いと被写体に更に寄る事ができ迫力のある映像が撮る事ができます。またVXはスケートボードで大切なスピード感を殺す事がないのもすごく良い点だと思います。あとはマイクです。これもスケートボードに大切な物で音をかなり鮮明に拾ってくれるマイクがついています。わざわざVXで音声収録だけしてHDカメラで撮影した映像と組み合わせているフィルマーがいるくらいです。少し前にVXのマイクを再現して作ったビデオカメラマイクなんかも話題になりましたね。あとは見た目もカッコいいですよね。

VX1000の方が広角率が強いレンズをつける事ができVX2000に比べて更に迫力のある映像が撮れると思いますが2000よりも更に古い機種なので壊れやすかったりバッテリーの持ちが悪いためたくさんバッテリーを持たなければいけなかったり、暗いところに弱いのでライトをたくさん持ち歩かなければいけなっかったりと面倒なところも多々あります。ですが2000は暗いところにも強くバッテリーの持ちもかなり良いです。またファインダーの他に液晶モニターがついているのも2000の良いところだと思います。東京は人が多いため夜の撮影の方が効率が良いと僕は思っているので、暗いところに強くなおかつサクサク動かなければいけないのでバッテリーなど荷物が増えるVX1000を使うよりVX2000の方が効率が良く荷物を減らす事ができるので僕はVX2000を使っています。実際バッテリーの持ち歩く数で結構カメラバッグの重さが変わります。

これだけ聞くとVX最強じゃん!って思いますが欠点も多々ありとりあえず壊れやすい、古い機種なので基本中古しかなく修理が難しかったりできる人が少なかったりします。あと魚眼レンズをつけるとかなり重くなります。SDカードが主流の今繰り返し使えないminidvテープ自体需要が少ないのでいつなくなるかわからないなどがあります。あとPCに取り込むとき全て再生しなければいけないところも面倒ですね。minidvテープは1本約60分録画できるのですが例えばテープに録画したもの全て取り込もうとすると1時間かかってしまうわけです。

かなり面倒な部分もあるカメラですが僕はVXの映像の色味と広角率、一昔前の画角で表現される古臭さなどが好きでVXを使っています。これからカメラを買おうかなと思っている人はぜひ参考にしてみてください。5万円くらいあれば本体、魚眼レンズ、ライトを揃えられるのでHDのカメラで機材を揃えるより値段が低くまたかなりしっかりとスケートボードを写す事ができるのでオススメの機材です。ちなみに僕の周りのみんなはやっぱりVXの方が気合い入るわなんて言ってます。雰囲気づくりもフィルマーの仕事だと思っているので機材の工夫も一つの方法かなーなんて思います。かなりHD移行が進んでいますがあえて時代の逆を行ってアナログにやる一手間が物事を楽しくするなと僕は思っています。なんでiPhone使ってるのにiPodに音楽入れてるのみたいな感じですねw

これからもBUGGYEで色々な映像や企画をやっていくのでぜひチェックしてください!

インスタントライダーのコニ君の映像です。

店長のサトル君がVX2000を使って撮影しています!