deckhaiken

DIESELスケートボード部長

d_00000483_1_1457334206

d_00000421_2_1396419463

ライダー:KUROちゃん
デッキ:DEATHWISH オリジナルシェイプ
トラック:ACE22
ウィール:BONES SOFT 56mm
ベアリング:BONES SWISS

KUROちゃんが組み立てに来たデッキを拝見いたしました。これいいっしょ!DEATHWISHのリメイクデッキでありますよ。KUROちゃんのご兄弟が職人さんで、乗り終わったデッキをリシェイプしてクルーザーにしてくれたそうです。それにしてもこれかなりの見事さでありますよ。まずこのシェイプ。テールがしっかり踏めてノーズも適度に残し、ホイールベースは14インチそのままにかなりの機動力を見せるかと思います。また、個人的にメリケンサックと呼んでいるこの穴。これはデッキを立てに持っても横に持ってもしっくり持てるための穴。特に素晴らしいのがその「仕上げ」でデッキの切断面はすべてスムースにサンディングされております。もちろん穴の中も。こういうところに職人魂を感じます。さすがだ。足回りはこの前に乗っていたクルーザーからの移植です。ACE22にBONES SOFTにBONES BEARING。かなりピシッとくるセッティングであります。これで渋谷の町をぐるぐるプッシュしているのかと思うと、なんだか勝手にうれしくなります。もう完全に街によってはスケートボードが溶け込んでいます。特に渋谷、原宿あたりでは。このペースでどんどんスケートボードが広まってくるといいのにね。X-GAMESが全盛のとき、スケートボードパークの普及のために各地で活動をする知人に向けて資料を集めていた際に見つけたアメリカの小学生を対象にしたアンケート。「人気のスポーツ」の項目では、1位がベースボールでした。そして2位がバスケットボール。僕も大好き。で、なんと4位のアメフトを抑えてライング3位に入ったのがスケートボードでありました。全米の小学生の3分の1はスケートボードに乗ったことがあるそうです。ホッケーやサッカーやテニスも続きますが、スケートボードがここに入る社会ってどんな感じなんでしょうね。日本にもこれから確実に訪れる時代です。プロショップの必要性はそこに来てやっと高まってくるのかと思います。おっと脱線。いまだKUROちゃんがパパになることを想像することができませんが、たぶん最高のファンキーパパになってくれるかと思います。楽しみだ。パパ仲間が増えて嬉しいわ。