deckhaiken

吉祥寺ストアのお客さま

d_00000352_1_1344925424

d_00000352_2_1344925424

ライダー:吉祥寺ストアのお客さま
デッキ:COLOR CRUISE 6×23.125インチ
トラック:ACE00
ウィール:
ベアリング:BONES

先日、吉祥寺ストアで組み上げさせていただきましたこちらのクルーズデッキ。個人的に本当に欲しくなってしまった快走セッティングであります。デッキは他店さまでご購入されたものでしたが、それ以外のパーツを全て一緒にチョイスさせていただきました。そういうの全然アリっす。家で寝ている大事なデッキを乗っちゃうときとか、他店さまでゲットしたデッキを完成させるお手伝い大好きよ。逆にそういう方はすでにテーマが決まっていて、あとは自分の考えたセッティングにいかに近づけるか、ってことが大事になります。だからねパーツはとことん悩んで選びます。今回はこのサイズのデッキですので、足回りのチョイスも選択肢が広いようで狭い。トラックもINDY106が復刻されるようですが、ACE00、ACE11、TRACKER RACER、GUNMETALなどハンガー幅が小さいモデルは限られます。トラックだけ選んでもウィールとの組み合わせて全幅が変わってくるので注意が必要。たとえばOJ3 HOTJUICEとTUNNELウィールは形状は似てますが、OJ3は内側にもオフセットになっていてトラックの両端からやや内側にセットされます。対してTUNNELはベアリングがサイドセットになるのでハンガー幅にウィールの幅を足した幅が全幅になるのです。なのでデッキに合わせてあれこれとセッティングを考えるのはカラーやデザインだけでなく、そういう機能や「70’s風」などのスタイルも一緒に考えたいと思ってます。今回のデッキはかなりグッとくる木の葉型。サイズも素敵。ちょっとセッティング魂がググッとくる感じであります。色々やってみました。11にSPITFIREなども今っぽい組合せもよかったのですが、ここはやはりこのデッキの時代背景にテイストを近づけたいと思ってこんな感じに。オーナーさんも間違いない選択眼で最終的にはオーナーさんの判断でビシッとしたセッティングが出ております。このデッキにはデッキテープは貼っていません。ちょっと車に転がしておいて裸足でもツツーッとプッシュでいけるお手軽さ。でも昨今ブームのバイナルクルーザーとはちょっと違ってまったくおもちゃ感はありません。かなりのセメント感。ACE00にオフセットが深めの大きめソフトウィールを合わせてBONESつけたら、もちろんかなりスピードにガンガン乗れる足回りになりました。かなりの「わかってる大人感」が出ているセッティングかと思います。個人的にも同じの欲しい。