deckhaiken

早川大輔

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ライダー:早川大輔
デッキ:オリジナル リシェイプ
トラック:INDEPENDET 129std
ウィール:OJ3 60mm
ベアリング:BONES SWISS

早川ダイちゃんであります。ずっと気になってて会いたかったからマジうれしかったっす。ダイちゃんはやっぱりスケートしてるのがいいね。ここ最近の動きやこれからのこと、なんだか色々話せてうれしかった。そうそう。今月末の週末には上田組長やコウタと一緒に四国にデモに行くんだって。ダイちゃんの本気スケート僕も見たい。頭から湯気でちゃってるヤツ。時代もありますが、僕の中ではムラスポ本社ライダーはダイちゃん、孝吉、キックンがベストトリオだと思ってます。ま、それはいいとして、デッキはこちらのテクニクルーズ。ダイちゃん提案の「トリックも出来るクルーズデッキ」というシェイプ。ダイちゃん自身が乗り終わったデッキをリシェイプして提案しております。僕も正智が乗り終わったデッキをダイちゃんにリシェイプしてもらいましたので、近々にこのテクニクルーズを試してみたい。よく言われるクルーズデッキはここ最近は小ぶりのデッキが人気です。長さ29インチくらいのヤツね。僕も乗ってます。でもね。ホイールベースは29インチのクルーザーも32インチのバートデッキも大体ぜんぶ14インチくらいなのよ。クルーザーはいろんなスタイルや考え方があるから13.5インチから14.5インチくらいまでばらつきあるけど、普通のデッキはほぼ14インチ。幅や長さに関わらず。だからね、逆に言うと8インチのデッキを乗り終わってリシェイプするのは非常に理にかなってる。ホイールベースが変わらなければ乗り心地あんまり変わらないしね。さすがダイちゃん。デッキのリシェイプってやってみるとわかるけど結構大変よ。切りたい用にジグソー進んでくれないし、切った面をキレイにするのも簡単じゃない。でもね、自分でやろうって気持ちがあれば大丈夫。僕はショップでデッキをご購入の方にはデッキテープは貼っちゃっていいか聞いてます。貼りたい人も居るからね。通販も少し前まではご指定が無ければ貼って発送しておりましたが、最近は「デッキテープを貼って」と言われない限りは貼らずに発送させていただいてます。ダイちゃんのリシェイプはデッキテープもキッチリ剥がしてまた貼るときに自分で貼れる。それがまたうれしいのですよ。前回見たときにはかなり攻められるセッティングでありましたが、今回はOJ3が装着されておりました。より足として使ってる感じ。やっぱりこのサイズのウィールになると長距離移動が断然楽だからね。そうそう。また開催されることになりました。「第二回下町食い倒れクルーズツアー」。いいね。第一回の模様はこちらの7月9日と7月15日のエントリーをご参考まで。今回は下町のオザ隊長アテンドのまた別の下町が堪能できそうで楽しみです。RAD龍は厳しいからいまからちょっと鍛えておかなきゃね。ま、それはいいとしてダイちゃんはINDEPENDENTにBONES SWISSだよ。それ以外の組み合わせがイメージできない。ダイちゃんはこれからみんながびっくりする動きするよ。楽しみだ。