deckhaiken

池之上慶太

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ライダー:池之上慶太
デッキ:ROGER 7.5インチ
トラック:ROYAL EVO
ウィール:Dostech D-core 52mm
ベアリング:Dostech F-OIL

この日はMAX242とJOFF SOTOのイベントの日。これから出発する慶太のセメントセッティングを拝見しました。デッキはROGERの7.5インチに乗ってます。先日のSFで7.63に目覚めたとも聞いてますが7.5インチがなんだかピタッと感じます。初めて慶太と滑ったときにはPOWELLの7.38インチのデッキ乗ってたよ。その後はGIRLの7.45くらいのマリアーノ。なんだか色々思い出してきた。その頃池袋の展示会で来日してた某ライターにTAG書いてもらったっけ。まだ持ってるよ。そのデッキ。ま、それはいいとして、慶太のスタイルはバリテックな感じですので、やっぱりゴン太デッキも乗れるけどこの辺のサイズがしっくりくるみたいね。デッキ選びは太いデッキの流れにただ乗るんじゃなくて、自分の好みを探求していくのがいいでしょう。トラックはROYALのEVO。もうずっとROYALだよな。慶太と言えばもうROYALな位ずっと使ってる印象がある。慶太のセッティングはトラックの動きがやや硬めになっていて、回し系トリックの着地の時にブレを止める感じがするよ。やわいと吹っ飛ぶケースもグッと耐えてくれるような。ま、それは乗る人のみわかる感触ですので、また今度聞いておきます。ウィールはDOSTECHの52mm。今回はちょっと柔い目のDコア。このモデルはグリップ重視の方には良さそうよ。ベアリングはオイルのF。なぜか慶太はずっとオイルFを使ってますね。初動が軽いらしいです。グリップテープはMASTERMIND。ボルトもね。このセッティングはかなり慶太っぽい気がします。小柄でトリックの練習したい方にはお勧めのセッティングです。