deckhaiken

立本和樹

d_00000220_1_1288076398

d_00000220_2_1288076398

ライダー:立本和樹
デッキ:PREMIUM TEAM 7.875インチ
トラック:CUSTOM TRUCK 139
ウィール:AUTOBAHN 52mm
ベアリング:

立本のセッティング。あっ、カメちゃんの撮るの忘れたよ。次は必ず。タテシのデッキはPREMIUM。サイズがちょっと大きくなってた。7.875インチ?「8インチにちょっと届かないサイズ」って言ってました。タテは会った頃にはずっごい細いの乗ってたんだけどなあ。タテとコタツは本当に細いデッキが好きだった気がする。ま、それはいいとして、タテの伝説でスゴイのありますよ。某シューズメーカーにスポンサードされてた頃、3mオーバーのギャップからフリップで飛び降りたとき、着地で両足のビジブルエアバッグが破裂して、トラックのベースプレートがデッキを突き破って出てきたってヤツ。初めて聞いたときにはかなりビビッた。だってデッキが折れるとかじゃないよ。トラックが出てきちゃうんだからね。これはタテ以外に聞いたことが無いっす。本人に言ったら「懐かしいっすねー」って言ってましたが、タテは今でもいけそうなポテンシャルがあります。トラックはCUSTOM。139ですね。デッキサイズに合わせるとやっぱりこのサイズになっちゃう。ウィールはAUTOBAHNの52mm。そうそう。AUTOBAHNはユウトのサポートされはじめました。現在作業を進めておりますので全ラインナップご紹介できると思います。でもさ、晋もタテもやっぱりスケートバカですよ。もうスケート好きのオーラ全開。最近はキッズのコンテストサーキットも仕切ってるみたいで、そういう動きがまた次の世代につながって行ってるんだと思います。なんだかキッズが集まるとタテが親戚のおじちゃんみたいに仲良いですから。あとキッズの親御さんとも。さすがだ。