deckhaiken

お客さま

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ライダー:お客さま
デッキ:POWELL CAB STREET
トラックINDEPENDENT STD 169
ウィール:POWELL G-BONE
ベアリング:BONES

そしてこちら。そうPOWELLのCABですよ。CAB STREET。これみてホッとした人はもう30代後半から40代。でもね。慶太は普通に乗ってました。慶太は若いけど実はスケート歴は僕と同じくらい?ピッタリ同じじゃなくても数年しか変わらないよ。だって慶太のスタートは3年生だから。8歳?すごいよね。だからこういうセッティングも慶太は普通に把握してます。デッキはリバイバルデッキ。最近はPOWELLだけでなくSANTACRUZやSHMIT、VISIONなどかなり80’sデッキのリバイバルがリリースされております。スペックも当時のまま。でもね、リバイバルブームの始まりはデッキだけリリースされてほかのパーツがない。だからコンプリートにしたときになんだかちょっとの違和感あるセッティング。そう。乗るためでなくコレクターアイテムっぽいノリでリリースされてたのね。でも最近はしっかりウィールもありますから、しっかり当時のセッティングが出せますね。でもやっぱりトラックがない。トラックはロットがおおきそうだからかね?GULLWINGのマグネシウムとかでないかね?もうあるの?トラッカーのコーパーとかさ。そういうパーツ全般を組み込んで初めて当時のセッティングって言えるよね。個人的にはPOWELLのHAWKにTRACKERの白赤コーパー、G-BONEにBONES SWISSかな。CELLBLOCKとRIPGRIPあれば完璧。それかDTSのSTREETにINDY156、OJ2ってのもいい。SCのKENDALLのパンプキンにGULLWINGマグネシウムにTEAMRIDERもいいな。おっと、ちょっとググッとしてきたぞ。こちらのトラックはINDYの169。今は159がないのでちょっと149と迷ったけどやっぱり169だったな。G-BONEつけてかなり素敵なセッティング。CABと言えば初めて見た横浜氷川丸のデモが鮮烈にフラッシュバック。ランスもディメインも来てたよ。CABはいつも落ちついた雰囲気で素敵でした。今も素敵よ。バートも好きだけど、ミニランプの流れっぷりが本当にかっちょいいから。POWELLはアニマルチンから後、全部見ればCABの凄さがわかるっしょ。