deckhaiken

才哲治

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ライダー:才哲治
デッキ:THINK 8.0
トラック:INDEPENDENT 149std
ウィール:AUTOBAHN 53mm
ベアリング:FIZZ 才シグニチャー

今回は久々にあった沖縄の超人・才哲治のセッティング。昨年度のAJSA年間優勝をもぎ取った猛者でありますが、笑顔が素敵なパパでもあります。「前回写真撮ったときとセッティング変わってますよ」と、かなり拝見チェックしてもらっているようでうれしい限り。今回はどこが変わったかというとデッキのサイズ。やはり才くんも8.0の大台を越えてます。「普段は8.25くらいのデッキも乗ります」とのこと。さすがだ。ワールドトレンドに自然に寄り添ってる。そう。もう「足が小さいからデッキも小さいので」とか、「小さい方が回しやすい」とかじゃないのね。ここ最近のサイズフォーマットの変化は、そういう自然に流れる面々に受け入れられているようです。ステッカーの貼り方とかみると才くんはかなり几帳面。向きをそろえる、位置を揃える。あとカラー揃えるところまで行くとA型決定な感じですが、才くんは何型だっけ?トラックも来ました。INDEPENDENTの149です。普段は8.25インチまで乗れちゃうんならばこのサイズでもまったく問題ないでしょう。「このサイズも普通に乗れちゃいますよ」って言ってました。ウィールはAUTOBAHNの53mm。これはコアがないやつね。ちょっと硬いらしい。ベアリングはFIZZ。シグニチャーのパープルを装着して完成です。なんだかもうみるからに男のデッキですね。セッティングだけみるとかなり大柄でいかつい男性をイメージできます。しかし才くんは綿密にラインを組み立てて、ひとつひとつのトリックを大事にメイクしていくタイプ。なんだかセッティングのセオリーが新しい形になっていってる気がします。