deckhaiken

荒木大雪

d_00000084_1_1248707183

d_00000084_2_1248707183

ライダー:荒木大雪
デッキ:UNIFUL
トラック:ROYAL MID
ウィール:
ベアリング:

今回は予告通りアンドリューのセッティング。アンドリューNYに行ってました。かなり長い間。そのときの話しが面白くって面白くって。一番ツボだったのは、マンスリールームみたいなところにステイしたらしいのですが、行ったらベッドが一個しかない。同行するのはTPOの哲平よ。知ってる人は知ってますね。テッペイは剛毛です。はじめは分かれて寝てたみたいなんですが・・・。酔っ払って帰ると面倒だしね。そうです。ひとつのベッドでジャリジャリと寝た模様。そういう旅話面白い。もっと聞きたかったけど時間切れでした。デッキはUNIFUL。サトルとチームメイトね。考えてみれば、晋、ナオ、てっちゃん、サトルにアンドリューにオクケンに・・・。すごい面子じゃん。なんかやればいいのに。トラックはROYALのMIDでしたよ。このトラックは僕の中ではかなり異端児で、硬めにトラックを使ってる人は使えない。ブッシュが締めても硬くならないのよ。でも柔らかめクニクニトラックの人はたまらないはず。ドリューは柔らかめだね、絶対。そしてウィールは53mmくらいか?かなりプッシュするタイプだな。NYなのもうなずける。LAスタイルはスポットまで車で行って滑ってまた車移動だから、環境が悪いところをそれほどプッシュで移動しない。ま、チョコッと動くのはプッシュでしょうが。だからウィールは小さくて問題ない。それに対してNYスタイルは基本プッシュ。一時期は56mmくらいも普通だったし。日本の環境では色々な意味で53mmがターニングポイント。個人的にはトラックのHIとLOの境目だと思ってるし、「大きめ」と「小さめ」の境界線な感じ。52mmは小さめで54mmは大きめ、みたいな。ま、それはいいとして、アンドリューのセッティングはかなり今っぽい漢セッティングであります。ウィールにベアリング、聞いたのに忘れた。また会ったら聞いてみよ。