スケートボードの選び方

暖かくなってきたこの季節は特にスケートボードを始める人が多いです!

僕も思い返せば初めての1台は3月に組みました!それから気づけば9年間も経過。まさかこんなにスケートボードの世界にどっぷり浸かるとは思いませんでした。スケートは果てしなく深いカルチャーです。こんなに刺激的で毎日ワクワクできるものはなかなかないですよ。スムーズに乗って移動できるようになったり、技が1個増えたり、まったくできなかった技が前よりもできそうになったりなど、ちょっとの成長がものすごく快感でやめられなくなる要因です。最初はなかなかうまくいかず挫折しちゃうこともあるかと思いますが、そんな時はスケートの映像を見てヒントを得るかスケートパークやスケートショップに行ってアドバイスを求めるといいですよ!僕らスケートショップはその為に存在します。気軽に遊びに来てください!

この動画は仲間と作った映像です!よかったら見てください~

●スケートボードの選び方

選ぶパーツは5つ!

まずデッキは大まかにトリック用と移動用の2つで分かれています。

トリック用はサイズ選びが重要!!必ずしもこのサイズでなければいけないということではありませんが、女性(7.5inch~8.oinch)、男性(7.625inch~8.25inch)を目安に選べばまず間違いないです!子どもは身長差大きいので、小学生以下(6.75inch)、身長130cm以下(7.oinch)、身長130cm以上(7.25inch~7.5inch)と目安があります。さらにこんなトリックをやりたい、こんな場所で滑りたいなどご要望があれば、それを含めてアドバイスもできます!サイズがある程度定まったら、あとはデザインで決めちゃいましょう!!

移動用は形とデザインで決めちゃいましょう!持ち運びがしやすい方がよかったり、乗るときに足が置きやすくて乗りやすい方がいいなどのご要望にぴったりな大きさのデッキもあります!!

トラックのブランド選びはズバリ直感で決めてください!!最初にVENTUREを選ぶ人もいれば、THUNDER、INDEPENDENT、ACEを選ぶ人もそれぞれいるので、結局どれを選んでも正解なんです。

重要なのはサイズ選びで、デッキの幅に合わせてトラックのサイズも大よそ決まっているので、そこだけ間違えなければ問題ないです!!

ウィールもデッキと同じくトリック用と移動用で分かれています!

トリック中心の場合はハードウィールになります。サイズは51mm~53mmがオススメで路面がやや粗目の場所で乗る人は54mmでもいいでしょう!ブランドによって乗り心地は様々ですが、まずはデザインや気になるブランドから選ぶのがいいと思います!

移動で乗る場合はソフトウィールがベスト!路面が粗くても進みやすく、音が静かなのが特徴で、サイズも小さいのから特大まで幅広く存在します。

移動専用かつスペード重視の場合は(58mm以上)、移動用でも使いながらオーリーもやりたいという場合は(56mm以下)がオススメです!ハードウィールよりもカラバリが豊富なので、好きな色で決めちゃってもいいと思います。トラックはHiを選びましょう!

ベアリングは車で例えるとエンジンの役割をしているので、スペックが高いほどスピードが速く、長持ちします。ですがパーツの中で値段の幅が(¥1,500~¥19,000)と一番広いので、初めはご予算に合わせて選ぶのがいいと思います!

最後はボルトです!

カスタイマイズでスケートボードを組むと、ボルトはサービスとなります!

9色の中から好きな色をチョイスしちゃってください!

さらにさらに、インスタントだけの3大特典も差し上げています!

そのなかでもスケートスクールを無料で受講できる”FREE SKATE TICKET”は特にお役立て頂けるかと思います。スクールといっても、うちのスタッフと一緒に滑りながら教えてもらえる感じなので、気軽に活用しちゃってください!

●今週末までの開催です!

●新入荷情報

BONESの人気シリーズ”STF”から新しく99aが新登場!

アスファルトなどの粗い路面でよく滑る人にぴったり!!往来の103aも引き続き販売中です!

RICTAの人気ソフトウィール”CLOUDS“再入荷!

ソフトウィールの中でも特に乗り心地が柔らかく、まさに雲のような乗り心地。

52mmと54mmがございます!

ACID CHEMICALS COのソフトウィールとハードウィールの取り扱いを始めました!

低価格、高品質(MADE IN USA)が魅力のブランドです!新しいブランド試したくなりますね。

ACID CHEMICALS COより通常のT字ツールの機能が全て備わったコンパクトなスケートツールがも入荷してます!

ボルトのナットが回しづらいVENTUREでも回しやすいように工夫が施されています。

instantsの吉岡ケントがサポートを受ける、謎多きグリップテープ”SHAKEJUNZI”がまもなく発売開始です。お楽しみに!!

THRASHER最新号はEMERICA東京ツアー特集!!

POP UP STOREとあわせてチェックお願いしますー!

●”EMERICA POP UP  STORE”今月31日まで開催中!!

期間中にお買い上げ頂くと、もれなく非売品のポスターと特大ステッカー、小ステッカーの3点セットをプレゼント致します!お見逃しなくー!

噂のパンダも6Fオープンにしました!オレンジチキンうまかったー。