deckhaiken

立本和樹

d_00000327_1_1332317977

d_00000327_2_1332317977

ライダー:立本和樹
デッキ:PREMIUM 7.75インチ
トラック:CUSTOM TATEMOTO 129
ウィール:TUFLEG 51mm
ベアリング:TUFLEG サンプル

タテモトのセッティングがこちら。タテはずっと昔から僕の中のイメージは「オールラウンダー」なんですね。飛べて擦れてランプもイケる。なんでも上手い最初の世代のTOPがタテだと思います。それまではやっぱりストリートライダーはランプできない、とかバートライダーは回せない、とかありましたからね。そういう垣根を乗り越え始めた世代の先頭バッターが立本和樹であります。デッキはPREMIUMですね。13mind。一時期デッキ幅8.0くらいまでサイズアップしたそうですが、トラックやウィールとのセッティングもあって、現在は7.75インチに落ち着いた模様。確かにその位のサイズがタテっぽいよね。オールラウンダー。ウィールとベアリングは自身でプロデュースする「TUFLEG」を装着しております。ウィールは51mm、ベアリングもTUFLEGのサンプルを使ってました。ウィールをじっくり見せてもらいましたがウレタンの質も良さそうで細め硬めのウィールになります。テッキーなタテにぴったり。トラックはもちろんヌマちゃんプロデュースの現在唯一のドメスティックトラックブランド「CUSTOMトラック」の自身のシグニチャーモデルでありますよ。タテはCUSTOM歴が超長いから過去のトラックも全部使っていて、進化するタテを追いかけるようにCUSTOMもまた進化してきたそうですね。現在のCUSTOMトラックはかなり調子いいって言ってましたよ。ちょっと使ってみたくなってきた。