deckhaiken

吉田智

d_00000226_1_1290578118

d_00000226_2_1290578118

ライダー:吉田智
デッキ:UNIFUL NAO 7.75インチ
トラック:THUNDER 145LO
ウィール:SPITFIRE STREET BURNER 52mm
ベアリング:BONES SWISS

「ちょっとプッシュしに来た」って言ってたサトルも最終的にはガッツリ滑って行ったみたいです。デッキはね。もちろんUNIFULでありますよ。これUNIFULの新しいシリーズ。サトルが乗っていたのはナオモデルの7.7インチ。なんだか大人サイズ。しかもこのグラフィックはMHAKだよ。やっぱりね、乗るデッキにもなんでそれなのかって理由とコダワリが欲しい。サトルが晋がはじめたUNIFULでMHAKのグラフィックが載った大好きなNAOのシグニチャーを乗っているのってすっごく意味があると思う。そういうなにか意味があることを深く掘り続ける行為がスケートボードな気がします。なんだかよくわからんね。とにかく僕は今回のUNIFULの90’sシリーズはすごくグッと来ます。セッティングはこちら。THUNDERの145LOにSPITFIRE52mmが装着されておりました。ベアリングは納得のBONES。THUNDERにはBONES BUSHが装着されておりました。本当に最近はBONES BUSHをつけてる人多い。それだけいいんだね。このブッシュは乗る人によって全く使い方が違ったりする。HARDをゆるめに締めてる人や、SOFTを硬めに締めこんで使ってる人も居る。僕はMEDを普通に締めて使ってますが、サトルはHARDをゆるめに締めて使ってました。