deckhaiken

YUUMAC

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ライダー:YUUMAC
デッキ:KROOKED ZIPZINGER 7.5インチ
トラック:INDEPENDENT 129std stg9
ウィール:AUTOBAHN WHEEL 62mm
ベアリング:

今回はYUUMACの「元祖 デッキ拝見!」。今回はクルーズデッキでのご来店。この人の「なんでもマニア」っぷりは凄いの。それもなんでも当たり前のように話すのが。今回は、コンクリパークのRとかはどうやってきれいに作るのか?が議題です。みなさん知ってます?あれ全部手作業なんですって。いくら機械が発達してもあのなめらかRは作れないらしい。何種類ものコテを使ってあの面積をキレイに作り上げるのってなんだか凄くない?なんだかピラミッド作った古代人みたいなね。ちょっと感動したよ。例のあそこに作ってるD.I.Y.パークも気になるよね。いつか谷田部で降りて押しかけます。いやいや、全くセッティングに進めない。あまりにYUUMACがマニア過ぎて。デッキはこちらZIPZINGER。ナイスなチョイス。このカラーを選ぶあたりがさすがだ。autobahnウィールにINDEPENDENT129辺りの男くさいチョイスがいいね。ウィールサイズに比べて車高がやや低めでした。やはりプッシュ重視。車高はあまり上げ過ぎると、長距離走の場合は前足の疲労度が上がります。ヒザガクガク現象は前足の果てしない屈伸運動から来るんですね。だから車高が低めの方がプッシュが楽。が、しかし、低すぎると待っているウィールバイトの恐怖。特にクルーズウイールは柔らかいからブレーキの効きがいいのよ。もう気が付けばすっ飛ばされてるからね。INDYはstg9かな?カップワッシャーの下を抜いてるからstg9でも初期型かもね。それならこの大きさのウィールがそれほどバイトしない理由がわかる。あっ、またベアリング聞くの忘れた。また例の謎のabec9かな?